インプラント・当院の症例

【症例1上顎前歯部埋入症例】

上顎前歯部埋入症例
症例解説

左上側切歯のクラウン脱離で来院するも残根状態のため保存不能であった。抜歯後はインプラントで欠損補綴をすることとし、抜歯即時埋入にてインプラント埋入。インプラント周囲軟組織が不足していたため結合組織移植術を行い周辺組織との調和を図る。併せて、右上側切歯、右上中切歯、左上中切歯のクラウンも再製作。この際、適切な根管治療がなされていなかったため、適切な根管治療を施術した。
結果、周囲組織との調和のとれた審美的な治療結果を得られた。

上顎前歯部埋入症例長

【症例2】上顎前歯部埋入症例

上顎前歯部埋入症例
症例解説

上顎両側中切歯が保存不可となったためインプラント埋入直前に抜歯をしてインプラントをそれぞれ埋入した(抜歯即時埋入術)。
その際、術後の審美性を確保するための処置・顎骨を再生させる処置(GBR法)を同時に行った。術後は咀嚼機能の改善ならびに審美性を獲得できた。

上顎前歯部埋入症例長

【症例3】上顎前歯部埋入症例

上顎前歯部埋入症例
症例解説

上顎左側中切歯が保存不可となったためインプラント埋入術の前にあらかじめ抜歯すると同時に顎骨の吸収を最小限にとどめる処置(ソケットプリザベーション)を行った。2ヵ月後、インプラントを埋入した。
 その際、術後の審美性を確保する処置・顎骨を再生させる処置(GBR法)を同時に行なった。上部構造にはあえて白斑をつけることで上顎右側中切歯(天然歯)や周囲軟組織との調和を図り、より自然な審美性を獲得することが出来た。

上顎前歯部埋入症例長

【症例4】上顎前歯部埋入症例

上顎前歯部埋入症例
症例解説

上顎左側中切歯が保存不可となったためインプラント埋入直前に抜歯をしてインプラントをそれぞれ埋入した(抜歯即時埋入術)。
その際、術後の審美性を確保するために顎骨を再生させる処置(GBR法)を同時に行った。術後は咀嚼機能の改善ならびに審美性を獲得できた。

上顎前歯部埋入症例長

【症例5】上顎前歯部埋入症例

上顎前歯部埋入症例
症例解説

上顎左側中切歯が保存不可となったためインプラント埋入術の前にあらかじめ抜歯すると同時に顎骨の吸収を最小限にとどめる処置(ソケットプリザベーション)を行った。数ヵ月後、インプラントを埋入した。
その際、術後の審美性を確保する処置・顎骨を再生させる処置(GBR法)を同時に行い、術後は咀嚼機能の改善ならびに審美性を獲得できた。

上顎前歯部埋入症例長

【症例6】上顎前歯部埋入症例

上顎前歯部埋入症例
症例解説

上顎両側中切歯が保存不可となったためインプラント埋入術の前にあらかじめ抜歯すると同時に顎骨の吸収を最小限にとどめる処置(ソケットプリザベーション)を行った。数ヵ月後、インプラントを埋入した。
その際、術後の審美性を確保するため処置を同時に行い、術後は咀嚼機能の改善ならびに審美性を獲得できた。

上顎前歯部埋入症例長

【症例7】下顎多数埋入症例

上顎前歯部埋入症例
症例解説

下顎にインプラントを5本埋入した。
その際、顎骨を再生させる処置(GBR法)を同時に行った。術後は残存歯保護のため、インプラントと残存歯を連結したブリッジを装着した

下顎前歯部埋入症例長

【症例8】全顎にわたる埋入症例

全顎にわたる埋入症例
症例解説

上顎は無歯顎(残存歯が存在しない状態)であり、インプラントを8本埋入した。その際、顎骨を再生させる処置(GBR法)と上顎洞底粘膜を挙上させる処置(ソケットリフト)を同時に行った。下顎にはインプラントを5本埋入した。
その際、顎骨を再生させる処置(GBR法)を同時に行った。本症例は、全顎にわたる包括的な歯科治療を行うことで咀嚼機能の改善ならびに審美性を獲得した。

全顎にわたる埋入症例

【症例9】全顎にわたる埋入症例

全顎にわたる埋入症例
症例解説

上顎に、インプラントを5本埋入、下顎にインプラントを8本埋入した。その際上顎には、顎骨を再生させる処置(GBR法)と上顎洞底粘膜を挙上させる処置(ソケットリフト)、下顎には、顎骨を再生させる処置(GBR法)を同時に行った。
本症例も症例7同様、全顎にわたる包括的な歯科治療を行うことで咀嚼機能の改善ならびに審美性を獲得した。

全顎にわたる埋入症例長
審美歯科・当院の症例

【症例1】ジルコニアオールセラミッククラウンによる審美治療

症例
症例解説

上顎左右中切歯を以前にメタルボンドにて補綴するも歯冠形態や周辺歯頚部との不調和などの審美的不満をいだいていた。
そこで、当院にてメタルボンドクラウンを除去し、ジルコニアクラウンにて再補綴し、患者さんの審美的要求を満たした。

ラミネートベニヤ

【症例2】ラミネートベニアによる審美歯科治療

ラミネートベニアによる審美歯科治療Before after
症例解説

患者さんは上顎右側側切歯において先天的な着色により歯の色調に審美的不満を抱いていた。そのため、歯の表面のみを削りラミネートベニア(陶材の板)を歯に装着し審美性の改善を図った。

ラミネートベニヤ

【症例3】ジルコニアオールセラミッククラウンによる審美治療

症例
症例解説

全顎的なう蝕による審美障害を訴え来院した。患者さんは近日中に大切な用事を控えているためそれまでに前歯部のみ審美性の回復を望まれ且つ、できる限り侵襲の少ない治療を希望された。そこで、可能な限りコンポジットレジン修復にて審美的回復を図り、コンポジットレジン修復の適応外の上顎左側切歯・犬歯はジルコニアクラウンにて補綴し審美障害を改善した。

ラミネートベニヤ

【症例4】ジルコニアオールセラミッククラウンによる審美治療

症例
症例解説

患者さんは上顎両側中切歯の審美障害並びに上顎左側中切歯の根尖部付近の違和感を訴えていた。上顎左側中切歯は不適切な根管処置だったため当院にて再度根管処置を行い症状はなくなる。仮歯にて長期間経過観察をし、症状の再燃がないことを確認後、上顎両側中切歯をジルコニアクラウンにて補綴し審美障害を改善した。

ラミネートベニヤ

【症例5】ジルコニアオールセラミッククラウンによる審美治療

症例
症例解説

患者さんは上顎前歯部のう蝕や装着されているクラウンの形態・色調などによる審美的不満を抱いていた。
そのため、上顎前歯部のう蝕処置や根管治療、歯周治療などを施した。
その後、審美性に優れた、ジルコニアオールセラミッククラウンを上顎前歯部に6本装着し審美的改善を図った。

ラミネートベニヤ

【症例6】歯周外科ならびにジルコニアオールセラミッククラウンによる審美治療

症例
症例解説

患者さんは上顎前歯部においてや補綴物や周囲軟組織との不調和(歯肉退縮など)の審美的不満を抱いていた。
そのため、上顎中切歯部、上顎側切歯部に結合組織移植を施術し、ジルコニアオールセラミッククラウン(4本)にて審美的改善を図った。
術後、歯肉の厚みが増し補綴物との調和もとれ患者さんは大変満足している。

ラミネートベニヤ

【症例7】ポーセレンジャケットクラウンによる審美歯科治療

症例
症例解説

患者さんは装着されているクラウンの形態や色調、上顎両側側切歯の色調などの不調和を理由に上顎前歯部の審美的不満を抱いていた。
そのため、上顎両側中切歯に装着されていたクラウンを除去し、さらに上顎両側側切歯の前処置をした。
その後、審美性に優れたポーセレンジャケットクラウン(金属を一切使用しない陶材のみで作られたクラウン)を装着し、審美性の改善を図った。

ラミネートベニヤ

【症例8】歯周外科による審美歯科治療

症例
症例解説

唇側に転移した上顎左側犬歯(八重歯)が保存不可能となり抜歯した後、上顎左側側切歯と上顎左側第1小臼歯にメタルボンドクラウンを合着した。
しかし、抜歯に伴う骨吸収により上顎左側側切歯と上顎左側第1小臼歯間の歯肉が退縮(歯肉が痩せて下がった状態)し審美性に欠けていた。
そこで、結合組織移植術などの処置(Muco-gingival-Surgery)を行い審美性を獲得した。

ラミネートベニヤ
一般歯科・当院の症例

【症例1】根管治療

症例
症例解説

患者さんは下顎左側側切歯に痛みを訴えていたため、X線撮影をしたところ根尖(根の尖端)に病巣がみられ根尖周囲骨は吸収していた。
そこで、歯髄(歯の神経)を取り、根管内を緊密に薬で充填するなどの処置を適切に行った結果、約4ヶ月後のX線写真上ではほぼ完全に病巣が消失した。

【症例2】根管治療

症例
症例解説

患者さんは下顎右側中切歯に痛みを訴えていたため、X線撮影をしたところ根尖(根の尖端)に病巣がみられ、根尖周辺骨は吸収していた。
そこで、歯髄(歯の神経)を取り、根管内を緊密に薬で補填するなどの処置を適切に行った結果、約12ヶ月後のX線写真上ではほぼ完全に病巣が消失した。


Warning: include(ronbun.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/stygle/www/dr-morooka_or_jp/imp_shorei.php on line 362

Warning: include(): Failed opening 'ronbun.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/stygle/www/dr-morooka_or_jp/imp_shorei.php on line 362